2015.12.31

気がつけば大晦日

なんだなんだ。まったく更新してないじゃないかー。
気がつけば今日は12月31日、2015年も残りす時間ですよ。

念願の転職を果たして、私のデザイナーライフが始まったのが2月。
そこからは、寝ても覚めても、デザイン、デザイン。
右に左にぶち当たり、ときには、右にも左にも身動きが取れず、ただただ動き続けた2015年でした。

そのご褒美に、先日行われた会社の大イベントで、なんと、その年一番活躍した新人に贈られる新人賞をいただきました。学生時代を振り返っても、こんな立派なトロフィーをもらったのは初めて。そして、副賞はエレクトロラックスの掃除機♪

4年ほど前に購入したエレクトロラックスの掃除機は、今や30秒ほどしか充電がもたず。新しいのを買おうと思っていたところだったの。また4年ほどでダメになってしまうかもしれないけど、やっぱりエレクトロラックスのがほしくって、それを叶えてもらった副賞でした。←賞の発表前にこっそりと私の欲しいもののリサーチが行われていた。笑

そして、もうひとつ賞を。
今年後半、グラフィックデザインを学ぶべく学校に通っていたんだけど、年末の卒業制作発表では、学校のスタッフ&生徒による投票で、1位をいただきました。

そんな毎日を過ごしていたら、ここのブログは置き去りになっていました。
来年は、自分のために、そのときそのときの感情に向き合ったブログを書いていけたら、、、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.06

Open to Everyone

仕事始めの昨日、例年通り、最初に社長の新年の挨拶。
その社員全員が集まる場で、私の退職が発表されました。

昨年末、年内は内密に、、、と上司から言われていたので、社内ではごくわずかの関係者にしか私の退職のことは知られていませんでした。だけど、何も、この新年初っ端の日に、みんなの前で発表しなくても。。。(涙)

この日に発表するよ、、、とは聞いていたので、会社に行くのが気が重かったんだよなあ。まあ、過ぎてしまえば、ジワジワと知れ渡るよりも、すっきりとよかったけど。(笑)

さて、その時のみんなの反応はというと、これが無反応でさ。
ちょっと居た堪れない感じ。(苦笑)

だけど、本当はびっくりしただけで、給湯室やトイレでは「ちょっとびっくりしたわよ」と、いっぱい声をかけられましたわ。

そして次に出てくるのは、「いいなあ」という言葉。
これは、多分、私が夢を叶えたことに対する「いいなあ」もあると思うけど、大部分は、この会社から抜け出せて「いいなあ」の意味のほうだと思う。

みんな楽しそうに仕事しているようには見えないけど、安定した仕事でほぼ残業もなし、なんだかんだ言って居心地良いからこの会社から離れないんだと思っていたけど、心の中ではみんな他に移りたいと思っているのかもね。

私の退職がみんなの心に火をつけるのか?(笑)

転職するかどうかは別にして、転職活動はしてみて損はないと思う。そしたら、世間の厳しさとか、今の仕事への感謝とか、自分のスキルの棚卸とか、自分は何をしたいのかとか、いろいろ自分と向き合わなければいけなくなる。私は、そういう時間が今は財産になっているので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.01

Happy New Year 2015

2015年、あけましておめでとうございます。
私は実家でゆるりと、飲んで食べて寝てのお正月を過ごしています。
まあ、例年通りということね。

2015年はチャレンジの年。
大きなことを成し遂げようとがんばるのではなく、目の前のことに真摯に取り組んで、いつの間にかそれに夢中になっているっていう2015年にしたいな。

なんといってもデザイナー元年ですから。(笑)

そういえば、今年は未年ですよね?
動物占いがヒツジの私は年女?(笑)

今年もよろしくお願いします。

20150101a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.31

Road to becoming a designer

デザイナーへの転身までの道のり。

2014年は私にとって大きな意味のある年でした。
もちろん、去年もその前も、これまでもずっと、思い出深い年を過ごしてきましたが、数年後に2014年を振り返った時に、他の年よりも印象に残る年になるのではないかと。。。私のターニングポイントだったと、そう言える年になるよう、これからを過ごしていきたい、、、そう思った2014年の大晦日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.24

クリスマスイブの夜に

クリスマスイブの夜に、会社の先輩女子2人と、後輩男子1人と粉物を食べに。(笑)

先輩女子2人は私の退職のことは知っているけど、まだ他の人にオープンにしてはいけないと上司から言われているので、その後輩くんは私の退職のことは知らない。なので、ここで告白。

驚いてたけど、不安そうな顔もしてたな。

それもそのはず。部署は違えど、私と同じプロダクトを担当するエンジニア。いろんなことを不安に思うのは当然。それに彼とは同じ富山出身ということもあって、仕事以外の話題も多かったから。

みんな、それぞれのタイミングで、それぞれの選択をしている。誰かに強要されたようにも思える選択だったとしても、それを選んでいるのは自分。だから私が何か言えるわけではないけど、彼にはこの会社の外で、エンジニアとしての経験を積んでほしいな。彼のタイミングで、いずれここから出ることを選択してほしいな、と勝手に思っているおせっかいおばさんでした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.21

ターニングポイント

独立というターニングポイント。
いえいえ、私のことではなく、いつも私の体をケアしてくれるとっても上手なマッサージ師の彼女。

彼女の独立は、彼女がずっと考えて準備していたものではなく、ちょっとしたことがきっかけで、あれよこれよとまとまった話だとか。彼女のマッサージは本当に最高で、この店舗は彼女が支えていることは間違いない、、、と思えるくらい。

だから彼女が独立するのも全然不思議ではなく、むしろ自然な流れ。
心から応援しようと思っています。

そして、私の友達。彼女とは同世代。彼女も大きなターニングポイントを迎えています。父親の地盤を継いで、選挙に立候補することに。彼女との付き合いも7年ぐらいになるけど、とても政治家タイプには見えない。彼女も好んで立候補するわけではないんだけど、それを彼女はお役目と受け入れて決断しました。

彼女が望んで立候補するわけではないけど、彼女の決断は全力で応援します。

2015年が見えてきたこの時期、私の周りには、大きなターニングポイントを迎えている友達が増えています。そう、私もね。みんなでいい方向に進化できるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.19

緊張のYear End Party

来年入社する会社の忘年会、Year End Partyにご招待いただき、緊張しながらも参加してきました。

会社には全員参加のイベントが年に2回あって、このYear End Partyがそのうちの一つ。上海、香港、シンガポールの各事業所からも社員が全員集まっての大イベント。1年を振り返り、これまで支えてくれた人たちに感謝するのが目的のイベントです。

このイベントの冒頭で、CEOが2014年の業績を紹介。なんと、この1年で社員が2倍になっているのだとか。そりゃ、スペースもなくなって、移転するわけだわ。社員が100名を超えた今でも、こうやって全員が一堂に集まって互いに感謝し、目指す方向を再確認する、大事ですよね。それをちゃんと実践している会社とそこで働く人たち、本当に尊敬します。

このパーティーで、何人かの社員の方とはお話しできましたが、基本アウェー感満載の場(苦笑)。そんな寂しい時間を救ってくれたのは、同じく2015年入社予定の元気な女性でした。直接仕事で関わることはすぐにはなさそうだけど、まるで同期みたいでうれしい。

それにしても、彼女の入社経緯を聞いて、彼女のパワーにはたまげました。自分のやりたいことに貪欲で、自分の気持ちに素直で、それを叶えたいという想いが強くて。自分の想いが未来を創るというけど、それを目の前で見せてもらっているようでした。

それくらいこの会社に魅力があるってことだとだね。
社会人歴も長いけど、「この会社で働きたい!」と強く思ったのは初めて。この会社に出会えたこと、働けること、幸せに思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.17

ビリー・エリオット ミュージカルライブ

何度も繰り返し見てるわけではないけど、10年以上も前に見たリトル・ダンサーという映画が大のお気に入り。

舞台はイギリス北部、炭鉱不況の真っ只中、炭鉱夫の多くは団結してストライキ中。炭鉱夫の兄と父を持つビリーが家族に大反対されながらも、バレエダンサーになる夢をつかむ物語。最初は反対していた父も、ビリーの情熱と才能に心を打たれて、不器用ながらも一生懸命応援します。

この映画のラストシーンは、それはそれは気持ちがいいの。
顔を上げて、胸をピーンと張って、光に向かって、新しいスタテージに飛び出していくあのシーンは最高だよ。

このシーンが今も胸に焼き付いていて、この映画をベースにしたミュージカル、そのライブ映画と聞いて、どうしても見なければ、、、と。(笑)

上映しているのは都内で2館。全国でも2館。
なので場所も時間も選択肢が少なくって、急遽お休みをとって見に行きました。

映画館で見ていますが、これはミュージカルそのもの。
10年以上ぶりにこのストーリーに触れましたが、あはは、やっぱり号泣。

私が泣く映画のポイント。家族愛&サクセスストーリー。
特に、才能があるのに周囲から反対されて、一度諦めかけた夢、でも自分の真実の気持ちと向き合って、再び立ち上がるというストーリーにめっぽう弱いです。単純ですが。。。(笑)

あぁ、、、ロンドンに行きたい。
ロンドンに行って、マンマミーアとビリー・エリオットのミュージカルが見たい。退職前の短い有休消化の期間を使って行くことも考えたけど、慌ただしすぎるよな。海外旅行慣れしていない私には。

でも、絶対に絶対に観に行くぞっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もこのクリスマスツリー

東京駅すぐそばのKITTEにあるクリスマスツリー。
今年も見に来ましたよ。

あー、別世界。うっとり。
この時間が止まったような感覚。
私一人でこのクリスマスツリーを独り占めしているような錯覚。

こんな風に人を感動させられる自分になりたい。

20141217

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.12

第九 初体験

佐渡さんが指揮をふる第九。第九初体験です。
そして場所はサントリーホール。この場所も初体験。

はじめて尽くし。(笑)

席は一番安いところなので、2階席でステージの斜め後ろ。音が届きにくいかも?と友達に言われていたけど、そんなことは全然なく、もちろん高い席の方がもっといい音に違いないけど、大迫力の演奏&合唱でした。

全4楽章、70分ほど、ノンストップ。
眠くなったりしたらどうしよう、、、なんて思っていたけど、最初から最後まで前のめりになって聴きました。本当に感動で、第九ってこんなにすごいんだ、、、と、これまで知らなかったことをちょっと残念に思いました。

前にも書いた気がするけど、私もこんな風に人を感動させられる何かを創りたい。

20141212

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«野菜のオーケストラ